顧問契約について

顧問契約については、基本的に下記の3パターンにてご提案していますが、ご要望に応じてカスタマイズすることが可能です。

 まずは、顧問弁護士として「何を期待するのか」、「何をやって欲しいのか」等について、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

  月額1万円(税別)コース 月額3万円(税別)コース 月額5万円(税別)コース(標準)
目的 相談することはほとんどないが,何かあったときに気軽に相談できるよう顧問弁護士を確保しておく等 相談することもないわけではないが,それほど多くないので廉価な顧問料に抑えておく等 それなりに相談することもあるため,顧問料として毎月ある程度支払っておき,何かあったときの弁護士費用を割り引けるようにしておく等

コース内容の概要

 月に0〜1回程度の利用を考えている事業主様へのプランです。

月に1〜2回程度の利用を考えている事業主様へのプランです。

月に3〜5回程度の利用を考えている事業主様へのプランです。

弁護士利用時間の目安(メールや電話での相談時間も含みます。)

※超過した場合には、別途費用をいただくことになりますが,あくまで目安ですので、目安時間を少しでも超過したからといって必ず超過費用を請求する訳ではありません。

 1時間

3時間 5時間

契約書・社内規程などの文書作成、チェックに際しての別途費用発生の有無

 目安時間内での作業であれば、別途費用は不要です。

目安時間内での作業であれば、別途費用は不要です。 目安時間内での作業であれば、別途費用は不要です。

内容証明郵便の作成・送付(弁護士名義の場合。なお、会社名義の場合は上記文書作成に準じます)、示談折衝・交渉、訴訟対応等

 顧問料とは別に弁護士費用が必要となります。

顧問料とは別に弁護士費用が必要となります。

但し、標準価格より5%減額させていただきます。

顧問料とは別に弁護士費用が必要となります。

但し、標準価格より10%減額させていただきます。

従業員個人に関する相談の可否(福利厚生の一環として)、社長個人の家族・友人・知人に関する相談の可否

 対応可能です。

対応可能です。 対応可能です。

顧問弁護士の対外的表示

 表示可能です。

表示可能です。 表示可能です。
▲このページのトップに戻る